デブと妊婦と危険性

管理人の体験談というよりは管理人の周りの人で実際起きた体験を記載します。

 

もともと太っている人は体脂肪が高いし、コレステロールや血圧も高い人が多いでしょう。
私も太っている時は、コレステロールが高くて薬を飲んでいました。
血圧の薬は飲んではいませんでしたが。

 

コレステロールの薬は、飲んでいる間はコレステロールが下がりますが、飲まなくなると上がります。
つまり、飲まなくしたいのであれば食生活を変えなければいけないということになります。

 

血圧も同じだと思います。

 

私の職場に、派遣で女性が一人入って来ました。
少しぽっちゃり(ごまんなさい。デブです)気味の若い子でした。
昼食もたくさん食べるし、飲み会でも食に走る人でした。

 

健康面で、「だいじょうぶなのかなぁ?」と心配して、良く止めたことはあります。

 

そんな彼女が、実は同棲している彼と、子供ができたとの報告がありました。
これにはびっくりしました。
おめでたい気持ちと、その体系じゃまずいのでは?という気持ちの二つです。

 

私の予感は当たりました。
彼女はもともと高血圧気味ですが、妊娠中に血圧が高くなる病気(妊娠中毒とも言いますね)にかかってしまい、即入院。

 

妊娠中も食事に気を付けないと、胎児に影響を与えてしまいますからね。
そして鉄分もたくさん摂らないと、鉄分不足で貧血にもなりかねません。だって赤ちゃんに全部栄養が言っているわけですから。

 

 

何が言いたかったかというと、子供が欲しいと思っている方は、今からでも遅くないので、ダイエットを行って痩せて妊活頑張りましょう!!!

 

 

妊婦とダイエット!

妊婦とダイエット!