朝食は抜いてはいけない!は本当?

結論から言いますと、朝食を抜いたら太る!痩せる!・・・
実は専門家の間でも効果あるという意見と、効果が無いという意見が分かれます。
従って結論はわからないのです。

 

では、朝食抜きを進めている専門家と朝食は摂るべきと謳っている専門家の意見を比べてみましょう!
本ページでは朝食を摂るべき!という専門家の意見を記載してみたいと思います。

朝食を摂るべき!比較してみました!

朝食抜きダイエットを真っ向から批判している専門家の皆さんの意見を調べてみました。

 

朝食を摂ることでこんなにいいことが!

朝食を摂ることで脳を活性化させ午前中の仕事・勉強がはかどるといわれています。
理由は、ブドウ糖が十分に脳に届くおかげです。脳の主な栄養はブドウ糖で、朝食を食べることでブドウ糖が十分に補給されるわけです。
寝ている間もブドウ糖は消費されているので、朝食を抜くことで、ブドウ糖不足は明らかですね。

 

また、朝食を摂ることで、胃腸が刺激され、排便作用が働きやすくなります。(排便が無いと無駄な要素がたまって太る原因になりかねません
便秘の改善はダイエットの問題だけでなく、健康面においても大切であり、そういう意味でも朝食を摂ることが大事というわけです。

 

朝食を抜かずに10キロ痩せたい!!

朝食を抜かずに10キロ痩せたい!!

 

お昼の食べ過ぎ・脂肪の吸収を防ぐ

朝食を抜くことで、午前中はものすごくお腹が減り、お昼を食べすぎてしまったりするわけです。ではお昼の食べ過ぎだけを防げばいいのか?というとそういう意味でもないようです。
お昼の量を普通にしたとしても、もうこの時点で太りやすい体質になっているとのことです。
理由は、空腹感が強くなりすぎると脂肪吸収能力が高まり、お昼ごはんが脂肪として吸収されやすくなる為です。
どちらにせよ、朝食を抜くことでデメリットが多いというのが、朝食を摂るべきだ!という専門家の意見のようです。

 

ちなみに朝食抜きダイエットは効果がある!という専門家の意見は、実は真逆のことを言っています。

 

朝食抜きダイエットは効果あり?は本当?」を参考にしてみてください。