アディポネクチンって知ってますか?

今TVで話題になっているアディポネクチンをご存知ですか?
アディポネクチンとは、簡単に言えば「ホルモン」です。
簡単すぎるのでもう少し詳しく説明しますと。

 

体の脂肪細胞あら分泌されるホルモンです。
ではなぜTVで話題になっているかというと、生活習慣病と呼ばれる、糖尿病、高血圧、高脂血症、メタボリックシンドロームなどを予防や改善する効果が認められているからなのです。

 

本サイトでは10キロ痩せたい方を対象としているので、糖尿病等は置いておいて、、、

 

メタボリックシンドローム(略してメタボ)の予防や改善に効果があるというのであれば見逃せませんよね!!

 

メタボの予防・改善に効くアディポネクチンを増やすには?

脂肪から分泌されているから、脂肪が無ければアディポネクチンは増えないのでは?
つまり痩せている人は少なくて、太っている人は多いのでは?

 

と私は考えてしまいましたが、あなたはどのように考えましたか?

 

私の回答は半分当たっていて半分間違えていました。

 

痩せすぎで脂肪が少ない場合でも分泌量が少ないですが、肥大しすぎた脂肪も分泌量は減ってしまうのです。
つまり、太っているから分泌量が少ないからメタボになりやすいんですね。

 

アディポネクチンを増やす食材

ではどうすればアディポネクチンは増えるのでしょうか?
一つの方法として食べ物で増やすという方法があります。
が、アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるため、アディポネクチン自体を摂取するというのは難しいです。
従って、アディポネクチンを増やす効果のある食材を摂取してアディポネクチンの分泌を促します。

 

その食材というのが大豆加工食品(豆腐)なのです。
なぜ大豆加工食品かというと、最近の研究で、ベータコングリシニンという成分がアディポネクチンを増やすということが分かってきています。そのベータコングリシニンを増やすのが大豆食品ということなのです。
納豆や豆乳でもいいのですが、一番効果があるのが豆腐です。カロリーも少ないのでお勧めですね。

 

そして、にんじん、小松菜、トマト、おくらなどの緑黄色野菜も効果があるといわれています。

 

つまり野菜を多くとれ!ということなんでしょうかね。

 

アディポネクチンと組み合わせることで効果的!